忍者ブログ

81禁ブログです。81歳未満の良い子は閲覧禁止ですw

2017.101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
HOME未選択10月4日 くもり

10月4日 くもり

2007-11-04-Sun 07:05:53 │EDIT

みなさんこんにちは^^

会津武士道ももう間もなく終わり。1月16日から始まったことを考えると10ヶ月ですか~(--;

最初にいきなり過激なこと言ってるな、うちってば(・m・;

断じて言いますが、、、明治維新があったから日本は近代化に成功し植民地にならなかった、これは事実です。

ただし、逆は真なり、とはなりません。つまり、江戸幕府が続いていたら日本は植民地になった、これは空想です。
だからうちは、江戸幕府が続いていたとしても日本の近代化は成しえた、と信じてはいますがそれが空想であることは重々承知しております。

言うなれば、オトコのロマンと現実の狭間で悩んでるうちがいるw

そう解釈していただければm(-_-)m





---本編スタート♪---




会津武士道 第三部 明治維新と会津武士道

其の三十




9月16日
手代木、秋月、小森は、降伏の使者となって鶴ヶ城を出発しました(異説あり)。彼らは米沢藩を頼っていったのですが、その米沢藩に拘束され監禁されました。

これは会津藩の正式な降伏と受け取られなかった、とする説があります。

異説では、彼ら(そちらでは、手代木、秋月、桃澤の三人)が訪れたのは20日となっています。

説によって、その場所も全然違うようです。

ひとまずここでは前説をとって16日に三人が城を出て拘束された、としておきます


一方、城外では萱野隊がまだ奮戦していました

 

9月17日
この日、ついに萱野隊も力尽き、本郷方面へと敗走していきました。大規模な野戦としては最後の戦闘となりました
ついに鶴ヶ城は完全包囲され、四面楚歌となって落城を待つばかり。降伏の使者も戻らず、この間も西軍の攻撃は続いていました。。。

 

9月18日
この日になってもまだ使者が戻らず、容保公は再度鈴木と川村の二人を使者として送りました。彼らは土佐藩に赴きました。

ここに至り、ようやく西軍も会津の降伏について詮議することとなったようです。

 

9月20日
ようやく会津藩の降伏が認められ、手代木、秋月、小森、鈴木、川村の使者五人は帰城を許されました

彼らは、午後三時ごろ白旗を掲げ帰城(白旗を掲げたものには発砲しないとされた)し、容保公と喜徳公に報告しました

 

鶴ヶ城開城まであと二日

 

つづく


PR
プロフィール
HN:
ヴォーグ
性別:
非公開
自己紹介:
血盟ランドクルセイダーズ盟主にして究極のボケラレイヂラレキャラ。落とし穴の神様に取り憑かれる無駄パワー鉄人。あだ名がいっぱいありすぎる地味に変人。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 4 5 6 7
8 10 13 14
15 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[10/21 グッチ財布コピー]
[10/19 ヴォーグ]
[10/19 まさぶー]
[10/17 まさぶー]
[10/11 ヴォーグ]
カウンター
1
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 ここは待避所一丁目♪ Some Rights Reserved.
http://vorglc.blog.shinobi.jp/%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E/%EF%BC%91%EF%BC%90%E6%9C%88%EF%BC%94%E6%97%A5%E3%80%80%E3%81%8F%E3%82%82%E3%82%8A
忍者ブログ[PR]