忍者ブログ

81禁ブログです。81歳未満の良い子は閲覧禁止ですw

2018.091 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOMEパール判決書12月28日 雪~

12月28日 雪~

2008-12-28-Sun 14:45:58 │EDIT

みなさんこんにちは^^

ようやく冬休みw先週の木曜日に剣士会での今年の稽古が終わりまして、剣士会では8日までお休みということになったわけですが、分からないことがいっぱいでどーにも寝つきが悪いOrz

気になって気になって、ついに武道具店に行って木刀買って来ちゃいましたw木刀って重い!なんでも素振り用と型用があるんだそうで、とりあえず素振り用のにしたんですがこちらのがいじょーに重いんです^^;

でも、こんだけ振るのがタイヘンだと、さすがに疲れてあんま考えなくなるw

もしかしてそういう意図で作られてるとか!?



そんなことはどーでもいいんですが、、、



今日は今年最後のブログ更新ということでございまして、1年間お付き合いいただきありがとうございました><b来年もまたスルー厳禁でよろしくお願い申し上げたてまつり存じ上げまする。

みなさんはどんな一年だったでしょうか?

うちは去年に引き続いてアクティブだったなぁとw



なんたって正月早々オブリビオンにハマって、結局一年通してプレイwタクティクスオウガ、PSO、リネ2に続いてのロングランとなりましたwもはや殿堂入り確定!いや~来年もオブリ道いきますよぉw



そしてダイエットを経て剣道バカ一代wとにかく、同級生のほとんどがメタボという恐ろしい状況に危機感を覚え、今のうちから体作ってけばだいじょぶなはず!と始めたダイエットでしたが、へーはちろーに触発されてついに剣道を始めることにw

毎週毎週お稽古が終わるまで座って待ってるという状況、先生方からはゼヒお父さんもと言われ、保護者会としてもバックアップ体制があり、、、と、ここまでくると、もーやるかやらないかはうちの決断一つw

今自分の決断一つで人生が180度変わっちゃうって状況なら、やらない理由はない!www



それから、パール判決書!元々小林よしのりを尊敬してやまないうちでありますが、論壇にて、小林よしのりがほんとのこと言ってるのか他のアホがほんとのこと言ってるのかよくわからなかったわけです。まぁ、嘘ついてまで自説を展開しようという人じゃないから信用してはいるんですが、細かいアラも含めていっちょきちんと東京裁判をきちんと検証してみよう、と思い立ったが吉日。

早速、書籍を買い集めてお勉強開s・・・いやいや待てよ?wこれ日記のネタに使えるんじゃね?w(ていうか、ふつーは使わないと思うんだけどねw待避所ならOKじゃないの!?とw

そんで読み始めたら、これがまたすげー面白い!

みなさんだって、例えば裁判ものの映画とかドラマって結構面白いでしょ?なんつーか、論理を構築していって相手の論理と自分の論理のどちらが上かを競う、みたいな。

東京裁判を当時の国際法できちんと精査するということがこんなに面白いとは!wというわけで、来年も引き続き日曜午後はパール判決書でw



ままま、、、



続きから出てくる今年最後のパール判決書も字ばっかりなので、目の保養しときましょうw



今日はオブリにてコスプレをっほっほwww





で、、、今回はかなりオトナなSSが含まれますので、、、





81禁でお願いします!











おぉっと!どっかで見たことあるぞこの衣装wと思ったら、、、そうです、リネージュ2より、ドラコニックアーマーとブルーウルブズチューニック?だっけ?

ついでに、どっかの誰かがまぐれで作っちゃったことがあるというドラコ弓もwあれ、確か本人60%とかので作ったって言ってたけど、多分60%のでも材料がとんでもない高価だよねw会った当初から廃人だったからなぁ。。。あいつはすげーやつだった・・・(消息不明w

とはいえ、オブリならUPサイトからダウンロードして解凍してコピペではい完了とwこんなゲームやったらもう二度とMMOなんて出来ないわなぁ・・・いいんだかわるいんだか・・・w





そして、今回発見したのは服だけじゃなくて、ぬわんとリネ2のRACE。Raceっていうのは種族とか顔データのことなんだそうで、うちのオブリにダークエルフが追加されましたw

髪型もそれっぽいよねぇ^^

これを前から見ると!





81禁キタ!(@ロ@;

エロい!?エロすぎこれ!?www


え?今年最後の更新でこんなん載せちゃっていいのかうち!?www







コホン







気を取り直して、今年最後のSSを!w









更に新しいRACE導入!wwwwwおまwwwwwオブリフォルダがデカくなりすぎwwwwwHDD圧迫自重しろwwwww

と、気が狂うほどMOD導入しまくって見つけたのがコリアンRace。随分前からあったらしいです^^;バタくさい顔が多いオブリですが、これは完全にアニメ顔w(ちょっとリアルですが・・・

んで、とーぜんながらまたしても似合う服を探しまして。。。





ていうか。。。





なんていうか。。。







おまwww絶対81歳未満だろwwwww







---本編スタート♪---







さてさて、、、ここから81禁解除w



今年最後は気合を入れてパール判決書いってみよ♪



予備的法律問題 (H)侵略戦争-犯罪であるか

(4)侵略戦争-パリ条約によって犯罪とされたか




今日でやっと(4)が終わりです。

ここは結構重要なんです。ふつー大概サヨクに「一体いつ侵略戦争が犯罪だなんて国際法が出来たの?そういう法律がなければ裁判で裁くことなんて出来ないことくらいわかるよね?」と言ったらぐうの音も出ないわけです。

そこで大概は、「法律的には責任はないけど、道義的には責任あるでしょ」と言い返してくるわけですが、おわかりですね?ドツボです。この時点でサヨクは東京裁判を否定せざるをえません。

法律的には責任はない。この時点で本来オシマイなハナシなんです。

が、たまぁに、「パリ条約で戦争の放棄が決められて日本は締約したじゃないか」と言う人もいるわけです。

これからは、今日までのことをキチンと説明すればOKですねw

これでわかんない人はもはや気分で日本悪玉論を展開しているだけですから、諦めて議論はやめましょうw気分vs論理じゃケンカにならんもんね^^;



さてさて、



パール判事は、国際法における犯罪の定義について、以下のように述べています。

国際生活に犯罪の概念を導入するためには、法律の支配下に入れられた国際法団体(インターナショナルコミュニティ)が存在していることが不可欠の条件である

しかしながら現在のところは、まだこのような団体は存在していないのである


これは残念ながら現代でも全く変わっていませんね。

難しい問題なのです。国家を超えたところに存在する団体を一体誰が選ぶのか、この最初の一歩で頓挫してしまうからです。

宗教が違うという一点で、これは永遠に解決できない問題ではないか、とすら思ってしまいます。現在は、ひとまず先の大戦における戦勝国らによる決定に一定の信頼を寄せる、という程度です。



いささか脱線しますが、

かつて、世界女性人権会議が開かれまして、ここでタイヘンな問題に突き当たったんです。

欧米の女性は、「人前で裸になる権利」を主張しました。しかし、イスラムの女性は「人前で肌を見せない権利」を主張したのです。

宗教の違いがこのように普段の生活における権利意識まで違いを生じさせてしまうという笑い話です。



そんなわけで、国際法というのはかなり限定的な法律とならざるをえないというわけです。これを

近代国際法は、真の社会の生活の表現としてよりも、むしろ外部の接触を規律する手段として、発展したものである

とまとめております。やや難しい表現ですが、つまり最初から国家を超えた普遍的な法律を作ろうとして国際法が発展したわけではない、という解釈でよいと思います。

というわけで、

パリ条約によって各国がみずから負担した義務の正確と範囲を熟慮した結果、本官は国際生活において、従来存在した戦争の法律的地位は、なんらの影響も受けなかったとの結論に到達した

同条約から生じた唯一の効果は、不法な交戦国に対する世界の輿論を不利にすること、またこれによって国家間に法を遵奉する情感を発達させることがありうるということに過ぎない


と、結論付けました。

確かにパール判事の言っている通り、パリ条約にはそれぞれの国の事情による留保条件が付いたため法律としての性格はまとえなかったと言ってよいでしょう。そして、もしかような留保条件がなかったとしても、自衛と侵略の定義付けをするための国際法団体が存在しない以上はやはり法律たりえない。

やはりパリ条約によって侵略戦争を禁止する国際法が出来た、とはいえないのです。



そして、今年の締めは、以下のパール判事の言葉を。



世界共同社会の原始期にある現段階において、おそらくそれ以上のことは望んでも得られそうにもなく、また得策でもないと考えられたのであろう。一国はその声望を簡単に捨てるものでないという仮定、すなわち国家の名声は近代諸国が国の宝として一般に尊重するものであるという仮定に、おそらく多くの期待がかけられたのであったろう



パール判事は、世界統一機構による国際法団体の設立が真の平和への道だと考えていた、と伝えられています。それはおいおい出てくることになるでしょうからここでは言及しません。

ただ、上の文を読むと、当時の国際社会の理想と現実、可能性と限界についての鋭い考察を感じ取ることが出来ます。ここはひとまず、さすがパール判事、と言うべきでしょう。



ではまた来年



よいお年を。コメントはいつでも受け付けておりますw
PR
プロフィール
HN:
ヴォーグ
性別:
非公開
自己紹介:
血盟ランドクルセイダーズ盟主にして究極のボケラレイヂラレキャラ。落とし穴の神様に取り憑かれる無駄パワー鉄人。あだ名がいっぱいありすぎる地味に変人。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
3 5 6 7
9 10 11 12 14
16 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
[09/23 ヴォーグ]
[09/23 ルル]
[09/23 ヴォーグ]
[09/23 ルル]
[09/23 ルル]
カウンター
1
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 ここは待避所一丁目♪ Some Rights Reserved.
http://vorglc.blog.shinobi.jp/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%88%A4%E6%B1%BA%E6%9B%B8/%EF%BC%91%EF%BC%92%E6%9C%88%EF%BC%92%EF%BC%98%E6%97%A5%E3%80%80%E9%9B%AA%EF%BD%9E
忍者ブログ[PR]