忍者ブログ

81禁ブログです。81歳未満の良い子は閲覧禁止ですw

2018.041 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
HOMEアカデミックスタイルアカデミックスタイル : いじめ その4

アカデミックスタイル : いじめ その4

2017-01-09-Mon 11:51:27 │EDIT

みなさんこんにちは^^

いじめの問題が難しいところは、大人がそもそもいじめを許容している現状もそうなんですが、学校や親が解決に向かって真剣になれるかどうか、というところです。

というのも、子供がいくら証言しても、余程の証拠が挙がらない限り全面的に信用することが出来ない、というところがあるからです。

これは一面仕方のないところでして、一方の意見だけを全面的に信用してしまうと、いじめた(とされた)子供を信用しないことになり、一歩間違うといじめた(とされた)子供を大きく傷つけることになるからです。

いじめたのだからそれくらいはしょうがない、とは言えなくて、冤罪の可能性を考えればそこは非常に難しい判断で、このことを全く頭に入れないで議論すると魔女狩りの様相を呈してきます。


そうなると、学校は本気で解決しようとしないかもしれませんし、親はある程度のところで引き下がってしまうかもしれません。

しかし、アタクシは徹底的に戦いますが、引き下がってしまう親は悪いのか、というと、そこはまた難しいところです。逆に言えばヴォーグは普段から細かいことを気にして割とウザい親で、引き下がるような親は普段はとても温厚で優しいわけで、問題が起きなければヴォーグより余程マシな親ではないか、とも言えます。(多分そう

だから、そんな親を怨むのもちょっと間違っていそうですが、

さりとて、今起きている問題を解決してもらえないなら、やはり部屋に立て籠もるしかないわけですが、、、

今度は全然違う問題が発生してしまいます。


それは、人間は孤独に耐えられるのか?!ってことです。

以下本編へ




ーーー本編スタート♪ーーー


学校なんか行かなくたっていいんです。自分で勉強してちゃんと卒業の資格を取得したりできますから。そんなの気にしなくてもいい。

だけど、孤独なんです。

なんたって親すら信用できずに部屋に立て籠もるわけで、最初のうちは親も懸命に声かけるでしょうが、そのうち諦めてしまうかもしれません。

親も学校も信用できない、友達もいない、インターネットでは孤独を埋めることは出来ない。

こんな状況で人間は耐えられるのか、というとかなり難しい問題です。



んじゃどうすんだよ!ってことなんですが、



日本の教育は割とうまくできていて、3年ごとに環境が変わるんですね。

小学生は6年ですが、深刻ないじめなどは高学年からでしょうから、長くても3年我慢する。

3年後に復帰することを目指して勉強だけはしておく。環境が変わったら頑張って学校に行ってみる。そんな方向で行くのがベストだと思います。

3年も学校から遠ざかったら復帰出来ないんじゃないか、と思うかもしれませんが、実は中学校では保健室登校というのも認められていて、どうしても教室まで行けない子供は保健室で自習して時間になればそのまま下校できるんですね。

河中ではもう当たり前のように採用されていて、しかも卒業後、ちゃんと高校にも通えているとのことです。

3年も経つと、周りの子供たちも成長し、環境は大きく変わりますからいじめもいつしか解決しているかもしれません。勿論、そんな奴らと仲良くする必要は全然ありませんが、反省する可能性がゼロとは言い切れません。子供なんてそんなもんです。

ほんとは、いじめなんて初期のうちに大人がゴツン!と子供の頭をぶん殴れば解決しちゃったりするんですが、今はそういうの禁止されてるから歯止めが効かないだけなのかもしれないんです。



でも、子供にとって3年は長すぎるかもしれません。

自分の存在意義を見失うかもしれません。自分なんていなくたって世界は何も変わらない、そんな風に思うかもしれません。

これって割と大人になってから誰しも考えることなんですが、まだ子供の段階でこれを考えてしまうと耐えられないかもしれません。



そこで最後にひとつアドバイスを。



『世界はひとつ』『宇宙はひとつ』この考え方、間違ってます。

もう既に以前書きましたが、宇宙はひとつではありません。

宇宙というのは『概念』に過ぎないので、一人一人が頭の中に思い描いているものです。

つまり、
人間というのは自分の頭の中にある宇宙に住んでいる生き物
なのです。


これは逆に言うと、


自分の宇宙にはひとつだけ絶対に正しい定義があって、
自分が存在しないとその宇宙は存在しない
ということです。

自分がいなくても世界は変わらない?そんなことはありません。あなたが消えてしまえば途端にあなたが住む世界は消えてなくなってしまうのです。

自分の外側にある物質世界は、そもそも正しく認識できているわけではないので、人間が人間として生きていくためには割とどうでもよく、大事なことは自分は自分の宇宙に住んでいる、という事実です。

つまり、誰も言ってはくれませんが、
全ての物質はあなたを必要としている
ということです。



さて、これを聞いてどう思うかは自由です。そこまで指示したいわけではありません。

しかしアタクシはこう思います。

自分は生んでくれた親に感謝しているし、一緒に育った兄にも感謝しているし、自分を育んでくれたこの大自然にも感謝している。なにかやむなき事情により自分が消えてしまうというならまだしも、自分で自分を消してしまってこの世界を消してしまうのは、少し申し訳ない気がする。宇宙の中心が自分であるならば、最後の最後までこの宇宙とともに存在し続けたい。





通常、子供には難しい思想哲学とも思いましたが、子供をなめちゃアカンと思って書きました。

いじめを苦に自殺する子供がいなくなることを願って



アカデミックスタイル 第一部完

PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass:
プロフィール
HN:
ヴォーグ
性別:
非公開
自己紹介:
血盟ランドクルセイダーズ盟主にして究極のボケラレイヂラレキャラ。落とし穴の神様に取り憑かれる無駄パワー鉄人。あだ名がいっぱいありすぎる地味に変人。
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
4 6
9 10 11 14
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
最新コメント
[04/15 ヴォーグ]
[04/15 ヴォーグ]
[04/13 alpha]
[04/13 Paparin]
[04/06 ヴォーグ]
カウンター
1
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 ここは待避所一丁目♪ Some Rights Reserved.
http://vorglc.blog.shinobi.jp/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%87%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%87%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB%20-%20%E3%81%84%E3%81%98%E3%82%81%20%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%94
忍者ブログ[PR]